ビル・マンションの改修・修繕・防水・外壁塗装は東京美装!

HOME会社概要サイトポリシーサイトマップ個人情報保護方針お問合せ更新履歴一覧
ビル・マンションの改修・修繕・防水・外壁塗装は東京美装!
  ★漏水は必ず止める 中層ビル・マンションのタイル外壁改修のプロ集団 東京美装  ★2015/06/16 外壁塗装専門サイト「東京美装」スマートフォンHPがオープン致しました、よろしくお願いします!




外壁塗装の基礎知識
「正確な建物診断」が重要な作業です
外壁塗装の基礎知識 「正確な建物診断」が重要な作業です
 外壁の補修にあたっては、建物診断が大切です。いくら、塗装をしても旧塗膜との密着性が悪い場合や、そもそも旧塗膜が下地との密着力がなくなっている状態まで劣化していれば、新しい塗装は何ら意味を持ちません。ですから、建物診断をこまめに行い、どのように外壁補修をするかという方針を定めるのです。この工程が実は外壁補修において最も大切な工程となります。

 RC(鉄筋コンクリート)の場合、躯体コンクリートの表面にモルタルで化粧します。その上に、外壁塗装を行ったり、タイル貼りを行います。コンクリートはセメントと砂と骨材(小石)で構成されています。モルタルはセメントと砂だけで構成されていてコンクリートの形成時期とは別の時期に形成しますので、当然、モルタルとコンクリートの接合面には空洞ができてもなんら不思議ではないのです。外壁の最外部ニあたる塗膜やタイルの状態が悪くなるとコンクリートに水が染み込み、エフロレッセンス(コンクリートの溶出)、膨れ(コンクリートとモルタルの境目に空洞ができる現象)、クラック(モルタルのひび割れ)、爆裂現象(鉄筋の錆びによる膨れにともなうコンクリートの剥離欠損)を引き起こします。このような状態を建物診断により早く見つけることにより、安価で確実な対策が可能となるのです。

 建物診断を行うことは、建物の補修管理の方策を定めるためにも重要な作業です。
建物診断のポイント
外壁のチョーキング(手で触って白い粉がつく状態)の症状がでたら要注意です。
詳しくはタイトルをクリックしてください。
やってはいけない外壁工事
「やってはいけない工事」のいくつかをご紹介いたします。
詳しくはタイトルをクリックしてください。
下地補修の重要性
外壁の下地補修こそが建物の寿命を左右します。
詳しくはタイトルをクリックしてください。
シーリングが大事
シーリングの重要性について説明いたします。
詳しくはタイトルをクリックしてください。
塗装工事の常識
塗装工事の常識について説明いたします。
詳しくはタイトルをクリックしてください。
屋上・ベランダ防水
屋上・ベランダ防水 の施工方法について説明いたします。
詳しくはタイトルをクリックしてください。
外壁塗装専門サイト「東京美装」
〒130-0002 東京都墨田区業平1-7-20
電話 03-3625-0610 FAX 03-3623-0610
Copyright © 2018 TOKYOBISOU Inc. All Rights Reserved. Powered by POOSNET